各種ネットサービス利用の提案と考察~情報発信として

webに発信する事は全世界に発信する事。

昔から、よく言われてる事だと認識しているのですが皆さんの感覚はどのようなものでしょうか。それこそ昔々のHTML手打ちでwebサイトを作っていた頃は、個人でホームページを持っている人も、今よりずっと少なく、「世界に発信している!」なんて豪語する人も少なく無かったんじゃないでしょうか。

この「世界に発信」している事は、今の時代も変わらず、それがネットの良いところどでもあり、危険なところでもあるんです。そして今や、とっても簡単に「世界に発進」できてしまうというか、やってしまってるんですね。

既存メディアが潤沢な資本に任せて、発信エリアを拡大してきたにも関わらず、ネット環境さえ整えば、SNS等で誰でも簡単に発信者になれてしまいます。

このサイトの目的も、その一つであり、「手軽に簡単に、自身・自社のホームページを作っちゃおう。」てな事を勧めています。

何も「世界に発進」だからと言って、世界の人にアクセスしてもらおうと望む必要は無いのですが、世界の人にアクセスされる可能性が有るとの意識は大事にして欲しい部分です。

現実的な話しとして、世界中の人に、その情報を届ける事は、狙ったとしても簡単な事ではありません。しかし、何が引き金となり世界から注目を集める事になるのかも判らない事も現実です。

細心の注意よりも、炎上上等の覚悟が基本。

炎上とは、「ある話題の発信が短期間に広まり、誰でも彼でもが知る事」とでもしておきましょう。既存のメディアが意図して隠した個人情報等も、難なく暴かれてしまう事が多々あります。その事の是非はともかく、ネットとは、そういうものだと理解しなければならないんです。

また、近いところではピコ太郎のPPAPがTwitterをきっかけに広まった事をは、ご存知の方も多いでしょう。逆にTwitterに悪ふざけを発信した事で既存メディアまでもが大きく取り上げる事も珍しい事では無く「バカッター」なんて言われてます。その結果として閉店に追い込まれた飲食店が有るとか無いとかって事もご存知の方は多いのでは無いでしょうか。

良くも悪くも、そんな状況に成り得る意識は常に持っていなければならず、SNS等での親しい人とのやりとりも世界に公開されている事を前提にしなければならないと言えば窮屈に感じてしまうかもしれませんね。

その昔は「IP抜くぞ!」なんて言葉を怖がっていた人も居ました。ぶっちゃけたところIPアドレスは常に公開されているもので、IPアドレスだけで個人が特定される事は通常では有りません。一般の人が知る事が出来るのは市町村レベルでは無いでしょうか。もっとも、意図的に偽装する事も可能なので、それすらアテにならないのが現実です。まあ、そんな事が出来る人は、この記事を読んで無いでしょうけどね(笑)

しかし、スマホ等を利用する時ののGPSの精度はかなりのものだし、写真データの情報の中に撮影地が有ったりする事も知っておいて欲しいもんです。また捜査機関の権力を使えば個人と言うか、使用端末は特定可能だし、近時ではIPアドレスから数百メートルの精度で特定できる技術が有るとか無いとかと噂されてるようです。

つまり匿名が標準だった昔でさえ、そのような状況ですからビジネスとして実名で発進すれば、良い噂も悪い噂も瞬く間に広まってしまう可能性が有るんです。そして、良い噂よりも悪い噂の方が広まりやすい事も認めざるを得ない事実でしょう。(ちなみにTwitterで悪ふざけをしている人達は基本匿名です。)

一度発信された情報は、簡単に取り消せない。

上記のように、不名誉な発信や、炎上元となった情報は、発信した本人が削除したとしても、簡単にコピーされ、画像として保存されてしまえば、ネタ元だけを削除したとしても、どんどんと広がってしまいます。

ここがデジタルの良い部分でも有り悪い部分でもあるのですが、拡散される側にならないように注意するだけでなく、違法に、不適切に、拡散する側になってしまう可能性が有ります。

ネットの中では無料で利用できるサービスが沢山あります。多くを求めなければ全て無料で補える事も不可能では無いとさえ考えています。しかし、簡単に使えるからと言って無料で使ってはいけないものも存在してるんですね。

例えば、著作権に触れるもの、個人の利用では認められている音楽や映画のコピーもネットに載せる事は違法行為になってしまいます。また、どこの誰か知らない人の写真やイラストを使ってしまった場合などでも、下手をすれば高額な請求を受ける事にも成りかねません。

権利者からの請求が無かったとしても、その行為自体が無知な奴だと思われる可能性は少なく無いでしょう。少なくとも、恐らく、僕は、そのような発信に敏感に反応してしまい、その発信者への信用を下げる事になってしまいます。

法的な話は別記する予定ですが、ここではネット特有の手軽さで安易な発信を避けなければならないとだけ意識しといて下さい。

「手軽にホームページを作って積極的に発信を勧める♪」はずの当サイトにも関わらず、手軽に、気楽に、考えるなよ!てな内容になってしまいましたね(^^ゞ 正直、頭で理解しようとすると難しい話になってしまうでしょう。慣れるしか無い、感覚として身に付けなければならないと言ってしまえば元も子もないのですが、それでも、しっかりと意識しなければならない部分なので、くれぐれもご用心下さいませ。

業務内容

*離婚の相談について
*労働の相談について
*家計費削減コーチについて
*webの活用・制作について


上記4つの相談業務を主としています。
上記に関する講演・講座等開催の支援も承ります。
お気軽にお問合せ下さいませ。

各種ネットサービス利用の提案と考察~情報発信として” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。