各種ネットサービス利用の提案と考察~契約・商店として

初心者でも簡単にネット販売出来てしまう。

何も自前で用意しなくても、各種商品に応じて、それ用の商品を販売するサービスがいくつも有ったりしちゃいます。物販だとオークションサイトでも可能なのでしょうが、相談系や占い系なども、何のweb知識が無くても契約できてしまうんです。

もちろん、そのようなサイトが仲買手数料というか、マージンを抜く事は言うまでもありません。しかし、実店舗を持つ必要も無く、そこにかかる経費を考えると、価値はあるようにも思えます。ネット上だけで商店として、事務所として成立しまう事は大きな魅力となるんじゃないでしょうか。

そんなサービスサイトでは匿名で利用出来る場所も多く、さらには契約や商店として物販する場合は決済のシステムが重要になってくるでしょうし、法的な問題も押さえておかなければなりません。そんな基本的な部分も専門のサイトでは深く考えずに利用できてしまうのが現実です。

また予約状況の確認も、そのようなサイトが存在しており、上記同様に手軽に利用する事ができてしまいます。

ただ、1つのサービスサイトで完結できず複数のサイトを利用しなければならない場合も有るだろう事を考えると、余計にややこしくなってしまう可能性は否定できませんね。

ワードプレスもプラグインで簡単

これに関しては、僕自身が使ってないので、正直言って何とも言えない部分は有るんだけど、いわゆるショッピングカートのシステムが、いくつものプラグインとして用意されてる事から、少なくともプラグインの仕様に従うだけで設置できてしまう事は現実です。

これはワードプレスの大きなメリットですが、逆に一切の管理を自身でする事にもなります。

また、そのようなサービスサイトでは、そのサイト自体の知名度と信用で、アクセスを期待できるし、それなりの安心感を与える事が出来ますが、ワードプレスで運営する場合は期待出来ない部分になってしまいます。そこを、どう考えるのかはそれぞれでしょうが、長期的に考えれば自身・自社のサイトで運営する事でアクセスを稼ぎ、それに比例して少しずつでも信用を得られるのでは無いでしょうか。

中には主たる内容だけ、詳細な商品説明だけを自サイトで行い、決済や予約のシステムだけを他のサービスを利用するなんてサイトも少なからず見受けます。事業の規模や手間の程度に応じて臨機応変な方法が考えられるので、1つに拘る必要は無いのでしょうが、各々の知識や技術に応じて、どうにでもなってしまう事なので、やはり大きな視点では簡単に出来てしまうと言えるでしょう。

もっと簡単な仕組みを考える。

極端な話しですが、メールで注文をもらい、振り込み等で入金してもらい、発送するような場合だと、上記のような事を一切考えずに運営できてしまいます。また、予約の上で来店してもらって提供するようなサービスならば、決済も当日で良いとも考えられるでしょう。その場合は予定の管理だけになってくるので、反応の少ない場合は手動で更新しても大丈夫では無いでしょうか。

いずれにしても顔を合わせないネットでのやり取りに不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、その事は、ユーザー側も同様の事ですよね。

また、商品の見せ方にネット特有のものが有ると考えています。少なくとも今の御時世はネットであらゆるものが手に入ってしまう事も現実でしょう。実店舗と違い、多くの店舗との比較も容易で、その中で目立たなければ購入には繋がらない事を考えれば、実店舗よりハードルが上がるとも考えられるでしょう。さらに商品のサイズ感や質感はネットでは伝えきれないので、手にとって確認出来る実店舗には適いません。しかし、客待ちの待機時間の必要は無く、年中無休で稼働してくれる事は大きなメリットになるんじゃないでしょうか。

何も、何でもかんでも強引にweb上で、契約を成立させるとこまで望まなくとも、これからwebを活用しようと考えている人の場合、まずは知ってもらうって部分に力を注ぐ事が重要で、知らないものは欲しくならないのは当然の事で、欲しいと思わせるレベルで知ってもらう事が出来なければ、決済のシステムを用意したところで、売り上げには繋がりません。

決済の方法よりも、知ってもらう為の見せ方や説明の仕方が大事だって事ですね。そして、法的な問題も絡んできます。個人情報の取り扱いは当然として特商法に基づく記載等は最低限押さえておきたいところです。

業務内容

*離婚の相談について
*労働の相談について
*家計費削減コーチについて
*webの活用・制作について


上記4つの相談業務を主としています。
上記に関する講演・講座等開催の支援も承ります。
お気軽にお問合せ下さいませ。

各種ネットサービス利用の提案と考察~契約・商店として” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。